2018年12月13日

いわゆる腕振り運動

肩の凝りに伴う様々な症状の緩和やストレス解消に効果が期待できる他、背骨を整え、仙骨を刺激したり、呼吸を整え、気血の流れを促したり、脳の働きを活性化し、内臓の働きを良くしたり、。 インナーマッスルを鍛えたりすることができると言われています。これら以外の効果があった方は是非お知らせください。なお、効能には個人差があります。


【1】前後

両足を肩幅位に開いて立ち、視線は水平にし、全身を緩め、鼻から自然に呼吸します。この姿勢を保ちつつ、両腕を前後に振り子のように振ります。この時、両腕は平行になるようにします。

音楽を聴きながらでもよいので、これを毎日10分程度行います。


【2】旋転

両足を肩幅位に開いて立ち、視線は水平にし、全身を緩め、鼻から自然に呼吸します。この姿勢を保ちつつ、上体を左右に捻り、両腕をでんでん太鼓のように降ります。この時、両腕は自然に腰背部に巻き付きます。また、下肢が不安定にならないように注意します。

音楽を聴きながらでもよいので、これを毎日10分程度行います。
posted by 釧路太極拳協会 at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 釧路カンフー倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

平成30年度第22回日曜太極拳道場

今回は、活動時期の関係で先送りしていた基本練習をいくつか追加しました。支える形、踏む動作、振り打つなどです。さらに、近年は簡略式でしか行っていなかった腰腿部の基本功法を行いました。この腰腿部の練習法ははなはだ人気がなかったので、6,7年前から選択的にしか行っていなかったものです。ただ、同様または類似のトレーニングは、スポーツやフィットネスで一般的に行われているもので、これは初期のうちにしっかり行っておくことが長い目で見ると確実に有益なものです。
posted by 釧路太極拳協会 at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 釧路太極拳倶楽部(太極拳道場、やさしい太極拳道場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

平成30年度第34回土曜太極拳道場

今回から、活動時間が短いため先送りしていた基本練習をいくつか追加しました。支える形、踏む動き、拳を握って振る動作などです。これで準備段階に一区切りつけられそうです。一日も早くその日が来ることを楽しみにしています。

ただ、練習すべき項目が増えたことにより、一通り行うにはそこそこの時間がかかるため、練習不足に陥る危険性が高くなってきました。全体練習では、これまで同様、毎月課題を定めて基本練習を行いますが、準備段階が終了した練習生の稽古内容はそれまでになかったものが増えてくるため心配です。来るべき日はまだ先なので、それまでに状況が好転することを願っています。
posted by 釧路太極拳協会 at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 釧路太極拳倶楽部(太極拳道場、やさしい太極拳道場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日